結納とは結婚の約束を家族も含めて行う儀式の様なもの、結納返しはそのお返しとなります。

結納とは?結納返しとは?

結納返しとはどんなことなのか知っていますか?いまは結納自体もするカップルが少なくなっているので、ピンと来ない人もいるかもしれませんね。

まず、結納とはどういうことなのかといえば、簡単にいえば、結婚の約束を家族も含めて行う儀式の様なものです。

伝統式なスタイルで行うご家庭もあれば、簡略式で行う場合もありますが、結婚を正式にするという公な約束の場という様なものです。

この結婚の約束とは、男性側から金品を女性側の家庭に送り、女性をお嫁さんとしていただくという気持ちを示します。

結納品とは、長寿、子宝、円満などを意味する縁起物とされるもので地域によって異なります。

主に熨斗、寿恵廣、小袖料、家内喜多留、松魚料、結美和、角樽、目録、高砂、友白髪、寿留女、子生婦、勝男武士になります。

結納の時には結納金を納めるとしており、小袖料というのがその結納金にあたります。

この結納の際には男性側からだけではなく、女性側から結納返しもします。

地域によっては結納式とはまた別に改めて行う場合もありますが、最近では、結納式の日に同時に済ませる場合も多い様です。

結納返しは、返し熨斗や土産熨斗といい、現金や記念品をお返しするものです。

男性側から贈られる結納品と同等、もしくはそれよりも控えた内容にすることがマナーです。

事前に男性側と女性側で打ち合わせをしておくということもあります。

結納式はしなくてはならないということではありませんが、結納をすることで、親戚関係を円滑にすることができると考えられます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS